脱毛外来・皮膚科の名医がいる病院:大阪

円形脱毛症の治療は保険適用になります。

脱毛の程度が軽度であれば、ステロイドの薬が治療に有効とされています。
具体的な治療法としては、ステロイドを局所に注射したり、内服したりします。

しかし、ステロイドは副作用が出るケースもあるので、
症状や様子を確認しながらの治療となります。

専門外来(脱毛症外来)のある病院やクリニックで、
正しく診断をしてもらいましょう。

円形脱毛症は自然治癒することが多いのですが、1年くらいかかることもあります。
ですので、治療中は脱毛している患部をかつらなどで隠す方も多いです。


円形脱毛症の最大の原因はストレスですので、
自分が心地よく精神的にゆったりと過ごせることが一番です。

<脱毛外来・皮膚科の名医がいる病院:大阪>

◎大阪市立大学 医学部附属病院 
 大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7

 大阪市立大学 医学部附属病院には脱毛症外来があり、
 円形脱毛症治療を得意としています。

 難治性の場合は、
 一般的な治療の他に食事の指導などもプラスし、
 完治を目指して根治的な成果を出すことを
 目標として治療をしてくれる皮膚科です。

さて、円形に脱毛している場所の周りの髪の毛を引っ張ってみて、
まだまだ髪が抜けるようでしたら「円形脱毛症」は進行していることになります。

自然治癒すると言っても全員ではなく、体質にもよりますが再発を繰り返して
円形脱毛症と何年も付き合っている人もいます。

また、最近では子供にも眉毛やまつ毛など髪の毛以外の全身の体毛が
全て脱毛してしまう汎発性脱毛症が増えています。
(予後が良くないので要注意です)

円形脱毛症の原因は、ストレスの他に遺伝なども含まれます。

自分ではすぐに脱毛状態であると判断できませんし、
髪の毛が抜けることを心配し過ぎる方がストレスとなって悪循環です。

円形脱毛症は自然に治癒する可能性が高い症状です。
治療するかしないかは別として、まずは脱毛外来や皮膚科で診てもらいましょう。