円形脱毛症の症状が悪性だったら

円形脱毛症の症状はいくつかの種類にわけられます。

そのままにしていても1~2ヶ月ほどで完治する単発型から、
頭部が全体的に脱毛して症状が広がる悪性の全頭型円形脱毛症まで。

その主な原因はストレスです。
免疫機能が毛乳頭や毛根を攻撃してしまうことが原因で起こります。

本来なら防御するはずの機能が何故毛根を攻撃してしまうのか?
実は詳しいことはまだ解明されていないんだそうです。

攻撃が続くことで毛根がダメージを受け、全く髪が生えてこなくなり、
眉毛やまつ毛まで脱毛症状に。
そして頭部だけでなく体中の体毛までも脱毛してしまいます。


<ストレスが原因で起こる円形脱毛症>

「あなたは悪性の円形脱毛症にはなりません」と確実には言えません。

ストレスをどれだけ受けるかにもよりますが、
たった一晩で何千本も髪が抜け落ちてしまう人さえいるのです。
「幼児」「子供」「男性」「女性」「年齢」「性別」など関係無く、
円形脱毛症はある日突然起こります。

悪性の円形脱毛症になってしまったら、脱毛外来や専門医のいる皮膚科で
ステロイドを使用した治療を行うことになります。
現在有効だと言われている薬は、「ミノキシジル(厚生省認可)」です。

ちなみに、

熊本県では処方したサプリメントで、高い発毛効果を得たという
専門外来があるようです。

さて、話をミノキシジルに戻しましょう。

ミノキシジルを使った治療でも効果が無かった場合は、他の薬を使うなども
考えておかないといけません。
効果がどうかを調べるには、3ヶ月は続けてみないと・・・と言われています。

症状の出始めは、自分では良性なのか悪性なのか、
すぐに改善するのかまた再発するのか、判断できません。
やはり、脱毛症に詳しい病院や皮膚科に行って、診てもらうことが一番でしょう。

周りの人は意外と他人の髪の毛を見ています。

また、円形脱毛症になった本人なら尚更、髪が抜けて薄毛に
なっていく姿を見るのは精神的にとても辛くストレスが大きくなります。
ストレスは一番良くない原因なので、
更に脱毛症状を進めてしまうことになってしまうんですね。

円形脱毛症になってしまったら、名医のいる病院やクリニックを探して、
きちんと診察してもらうことから始めましょう。


関連記事

  1. 円形脱毛症を発症した時の対処・対策
  2. 頭皮と脱毛・シャンプーの影響度
  3. 円形脱毛症対策には枕カバーと枕を清潔に
  4. 正しいブラッシングで脱毛予防効果
  5. 脱毛とストレスの密接な関係
  6. 食事の改善で抜け毛防止・発毛促進

TOPPAGE  TOP