円形脱毛症の症状と種類

円形脱毛症とはどのような症状なのか。
それは、名前の通り髪が抜けて円形に脱毛班として症状が出る脱毛症で、
自然治癒が可能な小さなも円形のものもあれば、
治療が必要な大きな円形のものもあります。

気がついた時には10円玉ほどのハゲがいきなり出来ていた・・・なども、
円形脱毛症の典型的な一例です。

症状を大きく分けると「単発性」と「多発性」があります。
単発性は一過性のもので自然に治ることも多いのですが、
単発性円形脱毛症が多発性円形脱毛症に移行する場合もあります。


そして、髪の生え際で帯状に抜けていくものを「蛇行型」と言い、
全体的に脱毛が起こるものを「全頭型」と言います。
さらに、頭髪以外でも脱毛症状が現れるものは「汎発型(全身型)」と言います。

その他に、アトピーなど肌疾患が原因で脱毛するケースは「アトピー型」と言います。

円形脱毛症は一般的には頭髪に症状が出ることが多いのですが、
まれにひげ・眉毛・睫毛・体毛などにも出ることが。

発症する年齢としては、特に限られた年齢が多いと言うわけではありませんが、
最近では小児でも脱毛症がみられるようになってきた通り、若年層も増えてきました。
年代を比べてみると、20~30歳台が1番多いようです。

2番目に多いのが10歳以下なので、
この結果からも小児の脱毛症が多くなっていると言えます。
男女比では、若干女性が多いようです。

円形脱毛症はストレスでなるのでは?・・・とよく言われていますが、
実は原因はストレスに限ったことではなく、まだ詳しく解明されていまいのです。
ストレスはもちろん、精神神経障害、感染症、内分泌異常なども
原因の1つと考えられています。

子供の頃に発症してしまった脱毛症と、
長く付き合って治療している人は少なくないようです。

原因・症状・治療法など人それぞれいろいろなのですが、
精神的ダメージも多いので、身近に悩みを相談できる人がいることが重要です。

まずは自分が円形脱毛症になってしまったということを認識して、
そこから治療はどうするか、どのように過ごしていくかなどを
親身になって一緒に考えてくれる人が傍にいるだけも、かなり心強いことでしょう。


関連記事

  1. 円形脱毛症:原因と症状

TOPPAGE  TOP