プロペシアでAGAの脱毛悩み改善

プロペシアは、AGA治療に優れた効果のある医師が処方する治療薬です。
 
AGAとは、思春期以降の男性に起こる男性型脱毛症のことで、
Androgenetic Alopeciaを省略したものです。
一般的には、一度発症すると少しずつ進行していく脱毛症です。

ここでは、プロペシアと男性型脱毛症(AGA)に関することを、
お伝えしていきます。

まず、プロペシアとは一体どのようなものなのでしょう?
そして、どんな効果が期待できるのでしょう?

では、簡単にご紹介しておきますね。


プロペシアとは、AGA(男性型脱毛症)を飲み薬で治す時の薬のことです。
プロペシアを手に入れるには、医師の処方が必ず必要です。

プロペシアは、現在国内でも手に入るようになりました。
厚生労働省の承認が下りたのは2005年10月です。
その年の12月に万有製薬が発売するまでは国内では手に入りませんでした。

このプロペシアという薬は、実は驚いたことに
別の病気の治療薬として処方される薬だったんですよ。

男性の病気である「良性前立腺肥大症」の治療薬として開発された後、
使われている「プロスカー」という薬なんですね。

その「プロスカー(=プロペシアと同様の薬)」を使って治療している
患者さんの髪に異常が発生という副作用が多々寄せられたそうです。

でも、それは困った副作用ではなく、逆に男性にとっては嬉しい副作用で、
男性の中にはその副作用で大喜びする人もいたようなんです。

その嬉しい副作用とは何か・・・・・「髪の毛が増えてきた」ということです。
これは副作用とは言えないかも知れませんね。 

そんな副作用の報告が次々と寄せられて、プロスカー(=プロペシア)は、
育毛・発毛効果がかなり期待できる薬であるということが認められました。
薄毛やハゲの悩みを抱えている男性には、思わぬ朗報となったわけです。