Top >  抗がん剤治療と医療用かつら >  脱毛症状の始まりから生え変わりまで

脱毛症状の始まりから生え変わりまで

「脱毛」は比較的よくある副作用の1つですが、必ずしも脱毛が起こるわけではありません。

抜け方は、薄くなる程度で済む場合から完全に全部抜けてしまう場合まで様々です。
抗がん剤治療を終えると、毛根細胞の活動が3〜6ヶ月ぐらいで正常に戻るので、だいたい1年位までに生え変わっていきます。

<脱毛の開始時期と期間>
脱毛は、抗がん剤を投与して2〜3週間後に始まるケースが多く、髪以外の部分(体毛・まつ毛・まゆ毛・陰毛)でも脱毛は起きて、治療終了後3〜6ヶ月で再び新しく生えてきます。



<脱毛中のケア>
脱毛中は、頭皮が非常に敏感になるので、刺激の少ないシャンプーや柔らかいブラシを使ったり、ドライヤーは低温にしてパーマやカラーリングを避けたり、頭皮や頭髪のケアはいつもより優しくを心がけましょう。

<脱毛が実際に始まったら>
帽子・スカーフ・ナイトキャップなどを用意して、髪が抜けるという精神的ショックを少しでも和らげましょう。

<かつら(ウィッグ)を購入する>
外出の際に帽子などをかぶることに抵抗がある場合は、医療用かつら(ウィッグ)の購入をお薦めします。
脱毛の状況によって、使用期間中にかつらの調整が必要となってきますので、専門の医療用かつらメーカーでよく相談してお求め下さい。

抗がん剤治療と医療用かつら

抗がん剤治療の副作用として、脱毛が起こる場合があります。どのような薬を使うか、薬に対してどのように反応するかによって個人差はありますが、脱毛が起こった際に利用されるのが医療用かつらです。

関連エントリー

がん患者のための医療用かつら抗がん剤で脱毛が起こる理由脱毛症状の始まりから生え変わりまで


サイト情報
 RSS