Top >  抗がん剤治療と医療用かつら >  がん患者のための医療用かつら

がん患者のための医療用かつら

がん患者が年々増加する中医療用かつらの需要も高まっていると言われています。
その利用者は特に女性が多く、男性、そして子供たちにも使用されています。

そんながん患者たちの医療用かつら利用の特徴とは、やはり抗がん剤治療が開始されそして終了後ある程度の期間という一時的な使用になるということでしょう。
そのため購入する方はもちろんレンタルされる方も多いのががんと戦う患者さんたちです。
そこで特にがん患者の医療用かつらの使用について大切なポイントを並べてみました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。



まず医療用かつらの利用に関しては、抗がん剤治療の場合開始後2〜3週間後から徐々に脱毛が始まっていくことを知っておかなければなりません。
といいますのも脱毛の状況に合わせてかつらの調整が必要となるからです。
これを放っておいてはだんだんかつらに違和感をもたせるだけです。
こういった調整を無料で行ってくれるなどのサービスがあるメーカーや販売店は魅力的ですよね。

さらに脱毛が進むにつれて頭皮もさらに敏感になっていくことを忘れてはいけません。
ここで頭皮を刺激してしまっては治療後3〜6ヶ月ほどで再び生えてくるはずの髪も、再生を遅らせてしまうこととなるでしょう。
特にシャンプー、ブラシ、ドライヤーの使用には十分注意するべきです。

また抗がん剤治療は計画的に行われるため事前にかつらを購入することが可能ですが、万が一遅れてしまった場合にはやはり購入やレンタルまでに何らかの形で対策する必要があるでしょう。
といいますのも髪が抜け落ちる現象は私たちが想像する以上に刺激の大きいものです。
帽子やスカーフなどを上手く利用することで精神的ショックを和らげることができますから、かつらが手元に届くまではそんなふうに対処するとよいでしょう。

抗がん剤治療と医療用かつら

抗がん剤治療の副作用として、脱毛が起こる場合があります。どのような薬を使うか、薬に対してどのように反応するかによって個人差はありますが、脱毛が起こった際に利用されるのが医療用かつらです。

関連エントリー

がん患者のための医療用かつら抗がん剤で脱毛が起こる理由脱毛症状の始まりから生え変わりまで


サイト情報
 RSS