Top >  医療用かつらについて >  医療用かつらと医療費控除

医療用かつらと医療費控除

仕事でストレスが多く、円形脱毛症になってしまった、
あるいは、がんの治療として抗がん剤による化学療法を受けている時などは、その副作用で抜け毛が多く、医療用かつらを購入した。

そのような場合、医療用かつらとして販売されている商品を買われたとしても、
残念ながら医療費控除の対象にはなりません。



医師の診療を受けるために直接必要なものでしたら医療費控除の対象となります。
ですが、医療用かつらの場合は、医師の診療を受けるために直接必要なものではありません。
なくても治療を受けることができます。

医療用かつらは、医療器具の認定外の為、医療費控除の対象にはならないのです。

医療用かつらについて

「医療用かつら(ウィッグ)」とは、抗がん剤治療の副作用などによって起こる脱毛や円形脱毛症など、髪について悩んでいらっしゃる方が一時的に着用するかつら(ウィッグ)のことを言います。かつらについての概要を見ていきましょう。

関連エントリー

医療用かつらのいろんな用途夏目雅子ひまわり基金のレンタル医療費控除がなくても大丈夫医療用かつらは購入後のことを考えて医療用かつらと医療費控除各社の医療用かつら(ウィッグ)に対する対応医療用かつら無料レンタル「夏目雅子ひまわり基金」医療用かつら(ウィッグ)とは医療用かつらが必要な時とは


サイト情報
 RSS