Top >  医療用かつらについて >  夏目雅子ひまわり基金のレンタル

夏目雅子ひまわり基金のレンタル

医療用かつらの購入を考えているがその価格の高さに手が届かない、そんな思いをされている患者さんたちも多くいると耳にします。
しかし特に抗がん剤治療を受ける方でしたら、かつらを必要とするときが一時的なものであることは確かです。
それどころか治療は計画的に行われますから、いつごろから脱毛が始まりそしていつ終わるのかさえ事前に知ることができますよね。
そこでかつらのレンタル業者も多々あるのですが、中でもおすすめしたいのが夏目雅子ひまわり基金です。



27歳という若さで急性骨髄性白血病という病におかされ急逝された夏目雅子さん。
抗がん剤治療による脱毛も体験している彼女だからこそ、そんな遺志を引き継ぐかのように設立されたのが夏目雅子ひまわり基金です。
この基金最大の特徴といえば無料で医療用かつらを貸与しているということ。
そこでその手順を簡単にご説明いたしましょう。

かつらの貸与を申し込むには、まず名前と住所の連絡が必要です。
その後基金より申込書などの資料が送られてきます。
実際の申し込みの際には脱毛状況を証明する医師の診断書が必要となりますから、その間に準備できるとよいですね。
申し込みの時点でサイズなど合うかつらがあれば、約2週間程度でそれを手にすることができるでしょう。
ない場合には1ヶ月ほどかかる場合もありますから、その点も考慮しておくとよいですね。

こんなに簡単に医療用かつらを手に出来るのが夏目雅子ひまわり基金のすばらしさです。
ただでさえ治療に莫大な費用がかかっているわけですから、こういった良心的な基金の存在とはありがたいものですよね。
ぜひ夏目雅子ひまわり基金でのレンタルも視野に入れてみてくださいね。

医療用かつらについて

「医療用かつら(ウィッグ)」とは、抗がん剤治療の副作用などによって起こる脱毛や円形脱毛症など、髪について悩んでいらっしゃる方が一時的に着用するかつら(ウィッグ)のことを言います。かつらについての概要を見ていきましょう。

関連エントリー

医療用かつらのいろんな用途夏目雅子ひまわり基金のレンタル医療費控除がなくても大丈夫医療用かつらは購入後のことを考えて医療用かつらと医療費控除各社の医療用かつら(ウィッグ)に対する対応医療用かつら無料レンタル「夏目雅子ひまわり基金」医療用かつら(ウィッグ)とは医療用かつらが必要な時とは


サイト情報
 RSS