Top >  医療用かつらについて >  医療用かつらのいろんな用途

医療用かつらのいろんな用途

抗がん剤治療などによって抜け落ちてしまう髪。
特に女性に多いのが、それによって大きな精神的ショックを受けてしまうということです。
これは当然病気を戦っていく上で望ましいものではありませんよね。
そんなショックから少しでも立ち直らせてくれるのが医療用かつらです。
多くの患者さんたちはそんなかつらの効果を期待して購入やレンタルを始めるのです。



ですが医療用かつらの利用はその精神的サポートを大前提として、様々な目的があるんですよ。
例えばかつらが必要なのは抗がん剤治療で入院しているときではありません。
その後社会復帰されている方でも特に女性の場合まだまだ薄毛や髪の短さが気になってしまうものです。
そしてそれが気になるのは本人だけではありません。
周囲の人間も実は目のやり場に困ってしまうもの。
そんな人と対面したときの違和感がまたさらに精神的ショックを与えてしまうこともあります。
ですから医療用かつらはそんな不快な雰囲気を作らないためにも役に立つのですね。

そして最後に特に抗がん剤治療が終わると、外出も増えてくると思われますが、そこで毎回帽子をかぶっているわけにはいかない状況が出てきます。
例えば会う人によっては帽子の着用が失礼な態度となって現れてしまう可能性もありますよね。
そんなとき医療用かつらでしたら、違和感なくその場の厳かな雰囲気を保つことができるはずです。

このように医療用かつらの役目は患者さんを元気にするだけではないということです。
いろんな場面で活躍する医療用かつら。
きっと治療そしてその後の生活をスムーズにしてくれることでしょう。

医療用かつらについて

「医療用かつら(ウィッグ)」とは、抗がん剤治療の副作用などによって起こる脱毛や円形脱毛症など、髪について悩んでいらっしゃる方が一時的に着用するかつら(ウィッグ)のことを言います。かつらについての概要を見ていきましょう。

関連エントリー

医療用かつらのいろんな用途夏目雅子ひまわり基金のレンタル医療費控除がなくても大丈夫医療用かつらは購入後のことを考えて医療用かつらと医療費控除各社の医療用かつら(ウィッグ)に対する対応医療用かつら無料レンタル「夏目雅子ひまわり基金」医療用かつら(ウィッグ)とは医療用かつらが必要な時とは


サイト情報
 RSS